月別アーカイブ: 2017年10月

老化の進行を加速させる

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。表皮が守っている真皮も弱って、役割りを全うできなくなります。

結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。健康的な肌を保つためには、禁煙した方がいいですね。スイーツに目がないという方はちょっと考えて頂戴。糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分とタンパク質が結合することで、老化の進行を加速させる糖化生成物に変化するのです。

真皮でコラーゲンが糖と反応すると、黄ぐすみ状態になったり、シミやしわ、たるみを引き起こしたりすることを招いてしまいますよね。顔や手などのシミは、一度できてしまうと消して美肌になることは無理だとたくさんの人が思っているみたいですけど、それはあくまで、家庭でのスキンケアに限った話です。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をして貰えば簡単に消えるはずです。

当然、費用も必要ですし治療後にもケアが必要になりますが、シミのせいで前向きな気持ちになれないのだったらクリニックで専門医からの治療をうけた方が良いかもしれません。

いわゆる美肌になることは、多くの人の興味を引く話である所以ですが、実際の方法は日に日に進化していますよね。この頃も様々な美肌に役立つ商品が数多く発表されており、特に、シミ改善効果が謳われたサプリが評判になっているみたいです。

食事や休憩のついでにサプリメントを飲むだけでシミを薄くする効果があるという手軽さが負担にならず、嬉しいですね。

シミでお困りの女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にぴったりの飲み物は赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを贅沢にふくみ、体の内部からメラニンの生成を抑制する効果を実感でき、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、シミが出来にくいお肌を取り戻し、くすみのない肌になります。活性酸素の害からも守ってくれ、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響すると言われていることもあります。肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルが挙げられるのです。

特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、くすみを解決するのに有効でしょう。たとえばマッサージに利用するのもありですし、スチームの容器に何滴かたらして使用してみるのも手です。濃いシミが肌にあって目立つので取り除きたい。そんな時に効果があるのは、皮膚科(肌の悩みはエステよりも皮膚科に行くべきでしょう)や美容形成外科で行なうレーザーやピーリングなどの専門技術による治療です。

これらの治療のいい点はただちに効き、短期間でシミが気にならなくなるということでしょう。

セルフケアでシミを消すには、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてあるシミに特化した皮膚薬を使用するか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された化粧品などを使うことでケア可能です。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

原因はわかっていますよね。太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。出産後、歩けるようになったコドモと、雨降りの日以外は毎日仲良くオキニイリの公園に行ってました。

早く出かけたいコドモは自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。時間をひねり出してでも対策すべきでした。

肌からビタミンCを吸収しようとして、お肌にレモンの輪切りを貼ってパックとすることが流行になりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。

絶対禁物です。

レモン果皮の成分を肌につけて紫外線に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応してしまいますよね。

シミに有効な作用を期待してレモンを摂るのなら、毎日の食事で、欠かさず食べるようにして頂戴。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず肌のケアもしないで、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?ですが、20台の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。肌にシワができる原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にとって大きな問題なのです。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、20台であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。