どうしてニキビはできるのか?

どうしてニキビはできるのかというと、毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、それが原因でニキビが出来やすくなるのです。

基本的に、皮脂腺の皮脂過剰、毛穴での皮膚のターンオーバーの乱れ、そして毛穴の中のアクネ菌の増殖によって、ニキビはできるといわれています。

肌の毛穴の傍には脂腺という皮脂をつくるところがあって、皮膚のターンオーバーが乱れると毛穴が皮脂によってつまりやすくなります。そこからニキビが発生するのです。

原因としては遺伝もあり、元々、ニキビができやすい毛穴を持って生まれてきた人もいます。そうした体質もありますが、食べ物で皮脂を出しやすくするものがあるので極力控えなければなりません。食事で摂った脂肪はそのまま皮脂腺に行くわけではありませんが、カロリーの摂りすぎはニキビを悪化させる元です。

そして食生活もさることながら、ストレスや睡眠不足はニキビの原因になります。ニキビが起きやすい肌の状態というのは、いくつかの複合的要因で発生します。

不摂生や間違った洗顔、疲れ、ストレス、肌に合っていない化粧品、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどがあると、ニキビになりやすくなります。