小じわが気になって仕方がない

20代ではあまり気になることはなかったけど30代になるとたくさんの細かなしわが出来てくるようになり、これを小じわと呼んでいます。年を取るにつれていつの間にかにできてきて、顔が老けた印象になったりしますので要注意です。下地のセルフューチャーシルキーカバーオイルブロックとかでカバーしたりできるけど、解決には至らないかもしれません。

小じわはどうしてできるのかというと乾燥が原因になることが多く、肌の水分不足によって生じます。これはよくたとえられる洗濯物での例えですが、濡れてる洗濯物はしわはないけど、乾いた洗濯物は放っておくとしわだらけになりますよね。肌も同じようなイメージです。

このように水分不足による潤い不足はコラーゲンの減少が理由になることが多いです。コラーゲンは若い時期には肌に沢山ありますが、年を取ると再生しづらく減少していきます。これによって潤い不足で乾燥しハリがなくなり小じわができるんです。そこでセルフューチャーシルキーカバーオイルブロックや美容液、乳液のようにコラーゲンが配合されたコスメで気になる部分に直接塗り込んでいくことで潤いを保つことが可能になったりしますので試してみてくださいね。